ホーム > セミナー等イベント > TOCシンポジウム2018

TOCシンポジウム2018

TOCのさらなる普及を目指し、本年度もTOCシンポジウムを開催いたします。
開催情報を随時、このページにアップしてまいります。

日 時 2018/11/08(木)・09(金)
会 場 AP秋葉原 (東京都台東区)
プログラム
概要
11/08(木) プレセミナー 14:00~17:00 TOCの基礎を改めて学ぶワークショップ
11/09(金) TOCシンポジウム 10:00~12:00 基調講演
13:00~17:30 TOCユーザーによる実践事例発表
主催・協賛 主催:TOC推進協議会
協賛:ゴール・システム・コンサルティング株式会社
ご参加の皆様には講演資料をダウンロード頂けます。(11/6~順次)
下記のプログラムの レジュメ  をクリックしてID、PassWordをご入力ください。

盛況のうちに終了しました。ご来場くださいました皆様、誠にありがとうございました。

ヤニフ・ディヌール氏講演                 

TOCユーザーによる事例発表風景





開 催 案 内

今回は、TOCICOとの連携企画といたしまして、基調講演では、TOCICO理事のヤニフ・ディヌール氏(CEO, Progressive Flow Ltd.)をお呼びしてのご講演、ならびに今年のTOCICOカンファレンスでThe TOC Company of the Yearを受賞された(株)日立製作所のご講演をして頂きます。
例年行っております、TOCユーザーによる実践事例のご発表も多数ございます。
前日午後には、プレセミナーといたしまして、TOCの基礎を学ぶワークショップも行います。
またとないこの機会、皆様、是非ご参加ください。


11/08(木)
プレセミナー TOCの基礎を改めて学ぶワークショップ
講師 日本TOC推進協議会理事長 渡辺薫(株式会社日立製作所)
14:00~15:15 【Part1】思考プロセス「クラウド」を企業の業務改革に活用するレジュメ
TOC思考プロセスの中の「クラウド」は様々な課題解決に向けた、とても強力なツールです。
しかし実際に活用する際には、様々な難しさに直面することもあると思います。
また同じ「クラウド」という表記方法を使っていても、人によって適用する課題や、使い方が異なる、ということも起こっています。
このワークショップでは、改めてクラウドの理論的な背景や、ロジックの構造を復習した後で、様々な種類の課題にクラウドをどのように使うのかを学んでいきます。
特に企業の中で業務改革に活用する際に陥りやすい間違いや、その回避方法について詳しく学ぶ予定です。
受講の前提となる基礎知識:『The Goal2コミック版』の読了程度
15:15~15:30 休憩
15:30~17:00 【Part2】DBR(Drum Buffer Rope)によるリードタイム短縮  レジュメ
TOCのアプリケーションの中で最も有名なのが、『The Goal』で紹介されているDBR(Drum Buffer Rope)です。
しかしながら、『The Goal』に書かれているのがDBRの全てではありません。
また実際の生産現場にDBRを導入しようと思っても、必ずしも『The Goal』に書いてある通りに実践したら成功するとは限りません。
このワークショップでは、改めてDBRの理論的な背景や、ロジックの構造を復習した後で、様々な生産環境でDBRをどのように使うのかを学んでいきます。
DBRが(そのままでは)適用できない生産環境のために拡張されたソリューション、s-DBR, s-DBR for Long Touch Time, Demand Drivenについて、どのような理由でその拡張が必要になったのか、どのように拡張されたのかについても解説します。
受講の前提となる基礎知識:『The Goalコミック版』の読了程度(ただし工場の生産現場を見たことが無い人にとってはリアリティがイメージしにくい可能性があります)
11/09(金)
TOCシンポジウム
★基調講演の要旨はコチラ★
10:00-11:00 【基調講演1】
日立グループTOC活用18年の軌跡
 レジュメ
株式会社日立製作所
社会イノベーション事業推進本部
シニアSIBストラテジスト
渡辺 薫
(当会理事長)
11:00-12:00 【基調講演2】
Can the conflict between Success and Fear be bridge?
成功と怖れの葛藤は乗り越えられるのか? レジュメ
CEO, Progressive Flow Ltd.
Chairman, Progressive Flow Japan Ltd.
Chairman, Progressive Labs Ltd.
Chairman, Progressive MRO Ltd.
TOCICO理事
ヤニフ ディヌール/Yaniv Dinur
逐次通訳 工藤崇
12:00-13:00 昼食休憩
【TOCユーザーによる実践事例発表】 ★発表要旨はコチラ★
13:00-13:40 <事例発表1>
衰退した組織の再生への挑戦
  レジュメ
オムロン株式会社
グローバルビジネスプロセス&IT革新本部
企画室 戦略・ガバナンス部
西山 哲人
13:40-14:20 <事例発表2>
建設コンサルタントでの実践事例
-五星におけるCCPM?の取り組み-
地域に根ざす中小企業の挑戦!
  レジュメ
株式会社五星
生産推進部
豊浦 淳一郎
14:20-14:50 <Presentation1>
子供の学習意欲と心を育むTOCfEの活用とメリット
レジュメ
CoCoLo スマイリング
北澤 祐弥
14:50-15:10 コーヒーブレイク
15:10-15:40 <Presentation2>
TOCを「人」の問題に適用する
  レジュメ
たまサポートサービス
代表
柴橋 学
15:40-16:10 <Presentation3>
技術評価のブレイクスルー
新時代のスタンダードを創る
  レジュメ
witch&wizards Inc.
代表
森 雄哉
16:10-16:50 <事例発表3>
働き方が変わる、3つのシンプルな方法
~従業員満足度の向上を目指した実践事例~
レジュメ
富士通株式会社
グローバルデリバリーグループ
第二マネージドインフラサービス事業本部
事業推進統括部 戦略企画部
高沖 陽子
16:50-17:30 <事例発表4>
『あたらしい、あなたらしい働き方』
ANAグループの働き方改革・意識改革 レジュメ
全日本空輸株式会社
人材戦略室 労政部
田村 豪秀

参加申し込み

お申し込み頂いた方は、11/08プレセミナーも無料でご参加頂けます。
11/08プレセミナーのみご参加希望の方の参加費用は、一般・会員の区別なく\3,000(税込)です。
コチラからお申し込みください。11/08のみ参加

区分 参加費
一般 \8,000(税込)
会員 \5,000(税込)
ペア割引 2名様同時にお申込み
※お支払は一括でお願いします。
\500引/名 
団体割引 3名様以上でお申込み
※お支払は一括でお願いします。
\1,000引/名 
アカデミック割引 学生・教育関係者 \2,000引
※「ペア割引」または「団体割引」と「アカデミック割引」は、重複適用されます。詳しくはお問い合わせください。

お申し込み


事例募集のお知らせ

11/09(金)午後の枠を使って行う「TOCユーザーによる実践事例発表」では、皆さんの実践事例を募集しています。
実践内容を共有する有意義なシンポジウムにしたいと思っておりますので、奮ってご応募ください。

内容 個人や組織、企業などで、DBR、CCPM、思考プロセス等のTOCのアプリケーションを活用、実践された事例をご紹介ください。
発表時間は、質疑応答を含め30分程度とします。
自薦、他薦を問いません。
応募要領 以下の応募フォームよりご応募ください。
締切 2018/9/7(金)



※ 多数のご応募ありがとうございました



日本TOC推進協議会
〒101-0054
東京都千代田区神田錦町2-1-8
竹橋ビル5F
TEL : 03-6826-8035
FAX : 03-5282-2417

ページトップへ戻る