ホーム > J-TOCについて > TOC-ICOからのメッセージ

TOC-ICOからのメッセージ

2005年、当会設立に際し、TOCの認定機関として、世界規模でTOCの普及活動を行っている、TOI-ICO(Theory of Constraints International Certification Organization)から寄せられたメッセージです。

TOC-ICO会長 アラン・バーナード

日本TOC推進協議会会長 小林英三殿
TOCICOの役員会、および、世界各国のTOCICO会員を代表し、小林さん、日本TOC推進協議会の設立発起人、並びに、役員会の皆様にたいして、日本TOC推進協議会の設立、および、発足をお祝い申し上げます。また、日本TOC推進協議会が、すでに実行を決定した総合プロプグラム、特に、4月8日のTOCシンポジュームの開催についてもお祝い申し上げます。私は、日本TOC推進協議会が、日本国内のみならず、近隣諸国、および、アジア地域においても、TOCの普及促進に中心的な役割を果たされると確信しております。

TOCICOの目的は、TOCプラクティショナー、および、TOCインプリメンターの国際認定基準、並びに、認定プロセスを確立し、あわせて、毎年開催するTOCICOコンファレンス、世界各地域での行事、日本TOC推進協議会のような組織とのパートナーシップを通じ、TOCの知識を普及し、TOCの知識を必要とする人たちが容易に知識を得られるように援助することです。
私たちは、日本TOC推進協議会、並びに、会員の皆様が、同時に、TOCICOの会員にもなられること、また、(地域としての特別な目的を代表するために)TOCICO認定サブコミッティーに参加なさるようにお誘いいたします。TOCICOの会員になられると、TOCICOの認定基準を知り、また、認定テストを受験したりすることができ、さらに、毎年開催されるTOCICOコンファレンスのようなイベントを通じて、TOCプラクティショナーとの交流、および、TOC導入、展開の経験を共有できます。なお、本年のTOCICOコンファレンスは、11月12日より16日まで、スペインのバルセロナで開催されます。
本日のTOCシンポジュームにご参加の皆様に、私たちの心からのお祝いを、とくに、TOCについてこれから学ぼうと会場にこられた方々には、TOCの世界にようこそ、とお伝え下さるようにお願い申し上げます。
敬具


Dear Mr. Eizo Kobayashi,
On behalf of the TOCICO Board of Directors and all our members around the world, I want to congratulate you, your board of directors and promoters on the formation and inauguration of the Japan TOC Advancing Committee (JTAC).
I also want to congratulate you on the comprehensive program of events JTAC has already scheduled for 2005, especially the TOC Symposium on the 8th April. I believe JTAC will play a vital part in helping promote and further advance TOC not only within Japan but also within its neighbouring countries and the region at large.

The purpose of the TOCICO is to establish Internationally recognized Certification standards and certification processes for TOC practitioners and implementers as well as to promote and provide access to the TOC Body of Knowledge via our annual conference, regional events and partnerships with organization such as JTAC.
We would like to invite JTAC and all your members to also become members of TOCICO as well as to participate on our Certification Sub-committees (representing your special regional objectives). Our members benefit from access to the TOCICO Certification Standards and Testing as well as sharing practitioner and implementation experiences at events such as our Annual conference which will this year be held from the 12th to 16th November in Barcelona, Spain.
Please extend our congratulations and best wishes to all the attendees of your TOC Symposium and a special warm welcome to all those that are new to TOC.
Sincerely,
Alan Barnard Chairperson, TOCICO
www.tocico.org

エリヤキンマネジメント社長(TOC-ICO 認定運営委員会チーフ) エリ・シュラーゲンハイム

日本TOC推進協議会の発足のニュースを聞き、大変、嬉しく思いました。私は、将来、TOCが、企業や組織の経営、管理手法として主流を占めるようになると確信しています。世界にとって、TOCの価値は、計り知れないものがあると思っています。
日本という国は、マネジメントの分野で、特別な位置を占めている国です。大きな組織を管理するための新しい方法を、世界の国々に広めるというドラマティックなステップを行ったのは日本です。そして、広く、普通に使われている、しかし、間違ったパラダイムにどのようにチャレンジしたらよいかを世界に教えたのも日本です。また、日本は、ビジネスにおいて、ウイン/ウインの文化を考え出した最初の国であり、マニュファクチャリングの本当の成功には、高い品質、スムーズで速いフロー、高い信頼性、しかし、在庫レベルが低いということの実現が不可欠であることを世界に教えた国でもあります。
日本、および、その他の諸国は、現在、経営を成功させるための次のステップを見いだすべき時に差しかかっています。そして、私は、TOCこそ、次の大きな成功のため鍵であると確信しています。
この祝辞を書いている現在ただいま、インドのムンバイにおり、専門家育成のための網羅的なTOCアプリケーション研修プログラムを行っております。この研修プログラムは、私がインドで行う二回目のプログラムです。私は、このプログラムへの参加者が示す熱意を見て、大変、喜んでおります。これらの参加者は、インドでのバイアブルビジョン・プロジェクトに参加することになっております。私は、心の中で、いずれ、将来、自分が、日本で、このような研修プログラムを行うようになる機会がくることを確信しています。私は、これまでに著者として関係したTOCの本のうち、その三冊が日本語に翻訳されたことを誇りに思っています。また、いずれお招き頂き、日本でTOCをお教えするような機会を与えて下さるならば望外の幸せです。
ここに、日本の同僚の皆さんに祝福を送り、日本の同僚の皆さんが、日本でTOCの持つメッセージを普及させ、TOCの智慧を広められるよう祈願いたします。この成功は、世界全体にとり、重要なことです。


I'm delighted to hear about the Japan TOC Advancing Committee. I look with great anticipation to the future where TOC will really become the leading way to manage. The value to the world would be, to my mind, huge.
Japan has a very special place in the area of management. It was Japan who made a dramatic step in the internalization of new ways to manage large organizations and led the whole world in learning how to challenge common yet flawed paradigms. Japan came up first with the win-win culture in business and taught the world how quality, fast flow, high reliability and very low inventories are all central to truly successful manufacturing.
It is now the time for Japan and the rest of the world to learn more about the next step in successful management. I believe TOC can bring the next step of achievement.
Right now, when I write this blessing message, I'm in Mumbai, India, in the midst of the TOC Application Expert program. This is the second program that I deliver here in India. I'm delighted to see the enthusiasm of the participants, who are going to take an important part in some of the Viable Vision projects here in India. There is no doubt in my mind that some time in the future I'll find myself delivering such a course in Japan. I'm very proud that three of the books I co-authored have been translated to Japanese. Now I like to be invited to teach TOC in Japan - such an invitation would make me very happy.
So, I give my Japanese colleagues my blessing for spreading the TOC message and advancing the wisdom of TOC in Japan. It is important to the world as a whole.
Best wishes
Eli Schragenheim

ジョージア大学教授(TOC-ICO 認定運営委員会委員) ジム・コックス

日本TOC推進協議会の発足、おめでとうございます。このような組織を発足させ、TOCというものの存在を広く知らしめることは、TOCの持つパワーを使い、広く、企業組織の抱える問題、政府組織の抱える問題、チーム活動で遭遇する問題、はたまた、個人が抱える問題を解決するためには不可欠な一つのステップです。TOCは、問題が如何なる問題であっても、その解決に寄与する基本的な思考プロセスを提供できる筈です。そして、TOCは、実際的な解決策を識別し、それを関係者に伝えるための道理にかなった伝達手段を提供してくれます。


Congratulations on the inauguration meeting of JTAC. This is a necessary step in spreading the word of the power of TOC in solving organization, government, team and personal problems. TOC should provide the fundamental thinking processes in all problem areas. It provides a logical means of identifying and communicating practical solutions.
Jim Cox

ベイラー大学生産管理教授(TOC-ICO プロジェクトマネジメント認定小委員会 委員) マイク・アンブル

日本TOC推進協議会の設立という嬉しいニュースを聞き、非常に喜んでおります。
何年にもわたり、私は、TOCを構成する知識基盤が止むことなく発展し続け、世界各地で、多様な産業、多様な組織に適用され、成功事例の数が急速に増大するのを見てきました。こうして、TOCは、企業のみならず、社会を構成するいろいろな組織を、実質的に、限界のない改善の道に乗せることのできる、非常に強力な経営哲学へと発展したことに疑念の余地はありません。
僭越ですが、日本TOC推進協議会の発足を心の底よりお祝い申し上げます。有能な役員の皆さんの舵取りで、日本TOC推進協議会は大きな成功を収められると確信しております。


I am extremely pleased to hear about the formation of the Japan TOC Advancing Committee.
For many years, I have observed the continuing development of the Theory of Constraints body of knowledge and the rapidly increasing number of successful worldwide TOC applications in a wide variety of industries and organizations. It is clear that TOC has developed into a powerful management philosophy that has virtually unlimited potential for improving both business and society.
Please allow me to offer my sincere heart-felt congratulations on the initiation of JTAC. Guided by its highly capable officers, I am sure JTAC will enjoy much future success.
Michael Umble
Professor of Operations Management
Baylor University

TOCインターナショナル社社長(TOC-ICO 認定運営委員会委員) ジェリー・ケンドール

小生の友人であり、TOC実践の同僚である、日本TOC推進協議会会長小林英三氏、および、日本TOC推進協議会の役員、会員の皆様、日本TOC推進協議会の発足を心からお祝い申し上げます。
制約理論(TOC)を学び、普及させたいという皆様の願いは、一粒の種となり、必ず、芽を出し、花を咲かせ、実を結ぶと確信しています。日本の方々の心に植え付けられたこの一粒の種は、必ず、日本という土壌で育ち、大きな成果を生み出すでしょう。現在、および、未来にわたっての成功を、心からお祈りします。


To my friend and fellow TOC practioner, Eizo Kobayashi, chairman of JTAC, and to all of the executive and members of JTAC, I send my warmest congratulations.
Your desire to learn and spread the knowledge of the Theory of Constraints reminds me of the seed of a strong plant. When you put this seed into the minds and hearts of the people of Japan, you will make a big, positive difference in your country. Please accept my best wishes for your success, today and in the future.
Gerald I. Kendall

ストラテジー・バイ・デザイン社社長(ジョナズジョナ、TOC-ICO 思考プロセス認定小委員会委員) イレーン・フロスト

日本TOC推進協議会設立のためにイニシアチブを取られた理事長の村上さん、そして設立メンバーの皆様にお祝いを申し上げます。推進協議会が設立される事によって、日本のエグゼクティブの皆様が、TOCに関し学習の機会をより多く持つ事ができるという事は大変素晴らしい事であると思います。私はいろいろな形で皆様をお手伝いすることを楽しみにしております。また皆様方に日本でお目にかかれる事を楽しみにしています。

Murakami-san, congratulations to you and your colleagues on taking the initiative to create the JTAC. It will be very beneficial to give Executives in Japan the opportunity to learn more about the Theory of Constraints. I would be happy to help and support you in any way that I can, and I look forward to working with you again.
Elaine L. Frost
Jonah's Jonah Member of the TOCICO TP Examination Committee

The Product Development Institute, Inc CEO(TOC-ICO プロジェクトマネジメント認定小委員会 委員) トニー・リゾ

TOCの約束するものが、古くよく熟成された葡萄酒のように、由緒正しく、価値あるものであるにも拘わらず、西欧社会のマネジャーは、依然として、従来のコスト中心の思考から発酵してくる豚の餌を食べ続けています。したがって、小林英三氏を長とする日本TOC推進協議会の発足を聞いたとき、当然ながら、私は興奮しました。過去50年、日本は、産業活動のいろいろな側面で、世界を引っ張ってきました。日本が、再度、世界をリードするのは当然です。西欧社会のマネジャーは、自分たちのちゃちな醸造から生まれた着物がもたらす有害な影響を脱ぎ捨てられるならば、そのとき、日本の事例に、もう一度、追従するでしょう。私は、このことに、何の疑念も持ちません。

Despite the rare vintage that the Theory of Constraints promises, western managers continue to gulp the swill fermented from their cost-focused harvests. Therefore I am understandably excited by the knowledge that now there exists the Japan TOC Advancing Committee, particularly with Kobayashi-sama at the helm. Japan has led the rest of the world in so many aspects of industry during the last fifty years. It is only natural that Japan take the lead one more time. Western managers will follow Japan's example yet again, after the deleterious effects of their cheap brew wear off. Of this I have no doubt.
Tony Rizzo

ゴールシステム・インターナショナル社シニアパートナー ビル・デットマー

この度、日本で、制約理論(TOC)について学びたいという人たちが、そのことについての情報を得るための場所を得られるようになったということを聞き、大変、嬉しく思いました。アメリカでは、「TOCのユーザグループ」が生まれ、いくつかは消えて行きました。しかし、日本では、そうはならないと確信しております。日本TOC推進協議会の発足、誠におめでとうございます。

I am gratified to know that there will be a place in Japan where people who want to learn more about constraint theory can go to find out about it. Several TOC "user groups" in the U.S. have come and gone over the years. However, I trust that in Japan it will be different. Congratulations on the establishment of JTAC.
BILL DETTMER, Senior Partner
Goal Systems International

アフィニタスコンサルティンググループ プリンシパル(TOC-ICOメンバー) デイビッド・アップデグローブ

日本TOC推進協議会の設立を取組を耳にして大変嬉しく思っています。TOCは 生産工場での改善手法のみならず、現在及び将来にわたって改善し続けるしくみを作り、展開するための強力な思考スキルを提供をも提供しています。私は日本の改善プログラムが組み込まれたTOCが日本経済の復活を助けると信じています。日本TOC推進協議会がTOCの知識やスキルはオープンで誰でも使用する事ができるというゴールドラット博士の基本方針を尊重するならば、日本TOC推進協議会は, ゴールドラット博士の夢の達成を助けることになるでしょう。私はまた日本企業が、どのように現在のTOCアプリケーションを改良するのかという事に興味を持っています。そして日本が数年の間に世界のTOCと改善のリーダーになることを期待しています。


I am very excited to hear about the formation of the Japan TOC Advancing Committee. The Theory of Constraints provides both the powerful tools to greatly improve production, and the thinking skills required to develop and deploy new, robust methods to continue improving far into the future. I truly believe that incorporating TOC as an integral part of kaizen programs can help return Japan to economic strength.It has always been Dr. Goldratt's commitment that TOC knowledge be open and free. The Japan TOC Advancing Committee will help achieve Dr. Goldratt's dream. I am also very interested to see how Japanese companies will improve upon the current TOC applications and ideas. I fully expect Japan to become the world leader in TOC and improvement in production in the next few years.
David Updegrove, Principal
Afinitus Group, LLC.

ピナクル・スタラテジー社社長/CEO(TOC-ICOメンバー) マーク・ウォッペル

日本TOC推進協議会会員の皆様
日本TOC推進協議会の発足、誠におめでとうございます。同会の設立発起人の方々より、同会の発足、ならびに、その崇高な目的についてお知らせを頂きました。永らく、TOCを実践し、また、TOCの導入、展開のお手伝いをしてきた者として、私は、日本TOC推進協議会の会員の皆様が、TOCの重要な概念、および、ツールを使い、日本の産業、ひいては、日本経済の発展に貢献なさることを確信しております。
日本TOC推進協議会の成功と発展を心より祈念致します。TOCコンサルタント、TOC実務家からなるTOCコミュニティのお家芸は、国境を越えた国際的な協働と経験の共有です。そして、私は、その実現を待ち望んでおります。


To the members of JTAC:
Congratulations on your inauguration. Your founding members have informed me of your organization and its noble objectives. As a long-time practitioner and implementer of the Theory of Constraints, I am confident your members will enjoy the benefits of these important concepts and tools, namely, the improvement of Japanese industry and economy.
I wish your organization a successful and harmonious future.I look forward to the international cooperation and sharing that has been the hallmark of the ToC community of consultants and practitioners.
Mark Woeppel

                    

日本TOC推進協議会
〒101-0047
東京都千代田区内神田1-2-15
第三亀田ビル2F
TEL : 03-6826-8035
FAX : 03-5282-2417

ページトップへ戻る